キンキンに冷えた梅干

タイの写真メインですが、時々日本の何処かも載せます。

今はなきG-SPOT

ナナホテルから撮影したナナプラザ今はなきG-SPOTのネオンが輝いている風の噂ではパタヤに移転してお店もそこそこ順調のようだ・・

ザ・ナナホテル

いつも思うが、すごい立地にあるナナホテルナナプラザと道を挟んで真向かいとは・・決して綺麗とは言わないが好きです。ナナホテル。受付のオバサンが高圧的でも好きです。ナナホテル。窓からのロケーションが隣のビルの壁でも好きです。ナナホテル。 エレベ…

BTSナナ駅から

BTSナナ駅からの1枚今は禁止されてるようだが、この頃は露天で賑わっていた そしてナナプラザ前の通りこの雰囲気で食べる屋台のバミーがまた美味い!

セントラルワールドの歩道橋

セントラルワールドの歩道橋を渡り突き当たりのゲイソンショッピングセンターの中を突っ切ってBTSチットロム駅に行く お気に入りのルートだ帰り道はこの逆である

トゥクトゥクの運転手「ソークン」

トゥクトゥクの運転手「ソークン」愛想がよく、とってもまともな方でラッキーだったと思う当時のアジアはと言うと・・乗り物やらなんやらでもうやられっぱなしだったので さわやかな自転車と隣を走るバイク「ソークン」とは関係ありません

豚足煮込みご飯 カオカームー

突然ですが豚足煮込みご飯 カオカームーです。これ美味いです。当時のアンコールワットの写真をみながら悪戦苦闘見返してはいるが全く思い出す事ができずここでちょっと一休み・・・

未完の寺院 タ・ケウ

タ・ケウ寺院だがどうやら未完成らしくレリーフも一切施されてない上に行く為には相変わらずの急な階段を登らないと行けない為途中で断念 一段一段が高く一歩踏み出すたびに重心が後ろに掛かる為本当に怖い

ひっそりとしたたたずまい トマノン遺跡

トマノン遺跡にやってきた森の中にひっそりとたたずむヒンデゥ教の寺院である早朝ということもあってか誰一人いない 他の寺院に比べ派手さは無いがデバターが綺麗らしいというか今知りました2004年当時あまりにも事前情報が少なかった為それは完全スルー思い…

真っ赤に染まるアンコールワット

アンコールワットの日の出を拝みに早朝5時起きすがすがしい朝である今思い起こすと深酒もせず早朝から遺跡回りとは健全な旅であったことは間違いない

トンレサップ湖へ沈みゆく夕日

丘の頂にあるプノンバケン寺院からトンレサップ湖へ沈みゆく夕日を鑑賞綺麗ですね沈みきるまでいたと思うのだがもちろんこんなところ街灯もあるわけがないので崖の様なショートカットルートをすべる様に駆け下りた覚えが・・これで1日目のアンコールワット観…

ピラミッド型のピミアナカス遺跡

パプーオンと同じくアンコールトム遺跡群の中にありそのすぐ脇にあるピラミッド型のピミアナカス遺跡んーなんとも・・正直微妙だった覚えがとにかく東南アジアの遺跡の階段はあり得ないくらい角度があるので高いところが苦手な私はわざわざ登ってもなかった…

行こうよ パプーオン寺院

次に訪れたのはパプーオン石の橋が架かっていて素敵ですね奥に見えるのはパプーオン寺院近づいていくにつれなにやら様子がおかしい誰もいない・・もうお気づきとは思うがそう補修工事中でまさかの立ち入り禁止ひどい

微笑ましい・・まさかのバイヨン寺院

記憶の中ではアンコールワットからそれ程離れた場所なかったと思うアンコールトム次に目指すはその中心に位置するバイヨン寺院だというか当時の写真のタイムスタンプを頼りに時系列にしてる部分はあるが・・門をくぐり鬱蒼とした森の中の一本道をひたすら走…

2004年アンコールワットへの旅

アユタヤやスコータイといった遺跡は行った事があるがアンコール遺跡の広大さはその比ではなく主要箇所だけでも大体3日は必要とのこと今回お世話になったホテルの前でやたら熱視線を送り続けてくるトゥクトゥク親父と交渉し3日間チャーターをした 初日はもち…

アンコールワットへと伸びる赤土の道路

2004年の記憶を辿っていくアンコールワットへ行く途中の1枚ポイペトからシェムリアップへ延々と伸びる赤土の道路今では全面舗装されていてタイからの観光客が倍増しているみたいだ

エカマイのバスターミナル

パタヤ方面への玄関口といえばエカマイのバスターミナルモーチットの巨大バスターミナルに比べたら小ぢんまりしてるが私はこののんびりとした雰囲気がたまらなく好きである ちなみサメット島へ行くにはバーンペー行きのバスで行けるはずだ

セーンセープ運河の風

セントラルワールドからプラトナームこの辺りはバンコクで最高に暑さを体感できる場所だと個人的には思うその途中に流れる運河からの熱風がまた心地いい

メーサイでビザ延長

12年程前ビザ延長の為に訪れたメーサイタイ領のイミグレーションを通過し ミャンマー領タチレクのイミグレーションを折り返し再びメーサイに戻って手続きを済ませたらビザ延長が可能だちなみに日帰りであればビザ無しでタチレクを観光できる日本では体験する…

ロットゥの乗り心地はいかに

移動の時間だけであっという間に1日が過ぎてしまう短期での旅ではこれがかなりネックになってくる時短だけを考えたら1番かもしれないロットゥ乗り心地はお世辞にもいいとは言えないが・・

はじまりはいつも京成上野

はじまりはいつも京成上野この駅にくると・・かなりテンションがあがります 今回は初めての短期での訪タイ昔みたいに長期の旅行ではないがテンション高さは1番かもしれない

タイのローカルスイーツ ロティ

タイのローカルスイーツといえばロティであるパンの様な薄い生地を鉄板の上でたっぷりの油で焼きその上にバナナ敷き包んだら四角に折たたんでカリカリになるまで焼く表面がキツネ色になってきたらたっぷりの練乳をかけて出来上がりちなみに私の友人の大好物…

2ストロークエンジン

最近日本では聞きなれない2ストロークエンジンだがトゥクトゥクのエンジンがこれだタイではトゥクトゥクまだまだ現役で喧騒の中この音を耳にする度にタイだなと実感するただ夜のトゥクトゥクほどハラハラする乗り物はないBTSの高架下ならなお更だパワーバン…

パタヤの串焼き屋

屋台といえば手軽さが自慢の串焼きや、バミー屋台をよく利用するがこのパタヤの串焼き屋は品揃えは豊富でどれも美味そうに見えるのだが・・正直美味しくなかった・・店主かもしれない人ごめんなさい

自分の中でのタイのソウルフード

自分の中でのタイのソウルフードを1つあげろと言われたら迷わずこれを選ぶ『空芯菜炒め』タイ語で『パックブーンファイデーン』日本も含めると恐らく30店舗程でこれを食べまくったが一番はアヌサワリーのお店がダントツに美味いと思うローカル過ぎて店名をお…

チャオプラヤ川の船便

世界最大の駐車場と揶揄される渋滞天国のタイだが渋滞も関係なく、かつ景色も楽しめて一石二鳥なのがチャオプラヤ川の船便 タイの乗り物は基本ハラハラする事が多いがなかなかの安定感これとは別に対岸への渡し舟もあるので本当に便利だこれを利用するたびに…

プーパッポンカリーといえば・・

言わずと知れたバンコクの超有名店ソンブーン過去には小泉元首相も訪れた事のあるようで壁には当時の写真が飾られていた この店の看板メニューのプーパッポンカリー(蟹カレー)は濃厚でコクがありまろやかなうえ具沢山だ蟹は殻付きと殻無しどちらでも注文で…

癒されて サメット島

2002年に訪れたサメット島島はまったくと言っていいほど開発されておらず舗装されてる道路は港周辺だけで気合をいれれば歩いて島を一周できるだろう ただし勾配がきついのと道路が整備されていないためボコボコなのは注意個人的には、とても好きな島ではある…

随分と様変わりした セントラルワールド

暇になると、よくセントラルワールドの中にある紀伊国屋に通ったものだが・・2010年に起こった反政府派デモの為か随分と様変わりした様子様変わりではなく面影ゼロのフルリニューアルと言ったほうが正しい

洗練された?デザイン トゥクトゥク

時代の流れのなのか それとも安全性の問題なのか分からないが 最近バンコクから姿を消しつつあると聞くトゥクトゥク こうやってジックリみると 洗練された?デザインにみえてるくるから不思議である これから先もずっと現役で残ってほしい乗り物の1つだ

パタヤのビーチロード

パタヤのビーチロードを ウォーキングストリートを目指し 歩くのが好きだった 単にソンテウをいう便利な乗り物が ある事を知らなかったというオチもあるが・・

スイカの果汁100%

タイのフードコートやジュース屋台なんかでも よく見かけるシェイクだが その中でも一番好きなシェイクが こちらのウォーターメロンシェイク、タイ語でテンモーパン スイカの果汁100%と、なんとも贅沢な飲み物だが 1杯40Bくらいとフルーツ王国のタイならで…

懐かしの戦勝記念塔

長期滞在中、最寄り駅だったBTSアヌサワリーチャイ駅駅前の巨大ロータリーの中心部に堂々そびえ立つ戦勝記念塔(ビクトリー・モニュメント)その周辺にはショッピングセンターが立ち並び地元の若者を中心に昼夜問わず賑わってる

静かな南国の島 サメット島

私にとって生まれて初めて訪れた南国の島 サメット島はバンコクから バスと船を乗り継いで約4~5時間 ツアーも無く外国人をほとんど見ない為 タイのローカルリゾート地と言った印象である

パタヤの旅行者

バンコクとはまた違った 魅力に溢れているリゾート地パタヤ バンコクからバスで約2時間半と近いことから バックパッカーよりも一般の旅行者の方が多いようだ 今となっては私もその一般の旅行者の一人である

NANAプラザの交差点

NANAプラザからすぐの交差点 私にとっては一番思い入れのある交差点である 夜の喧騒が嘘のように人もまばらだが 昼間からビール片手に オープンバーで酒を飲む白人は 今も昔も変わらない日常風景だ

パックパッカーの聖地と呼ばれた場所

かつてはパックパッカーの聖地と呼ばれていた カオサンストリート 昔を知るベテランパッカー達は 今ではその変貌ぶりに嘆き 避ける者も多いと聞く 嗚呼懐かしのカーオサン

ガラガラのBTS・・ではなく

バンコク市民の足スカイトレイン「BTS」 その終点駅の1つナショナルスタジアム駅に到着誰も居ないその車内をパシャリ黄色い車内がお洒落でもあり音声アナウンスも個人的に好きですね

BIG C の前でほっと一休み

タイのスーパーマーケットと言えば・・ ロータス! ではなくBIG Cですね そもそもロータスには行った事がなかったりして 人気も無くガランとしていたので とりあえず1枚。

象使いの背中

場所はカンチャナブリ ツアーのひとつであるエレファントライドでの一コマ 今思うと象に優しい方だったんだと思う。